障がい者、車いすユーザーのオーダースーツ作品集

【お客様にご了解を頂いた方を掲載しています。】

車いすを使用する原因はいろいろあります。生まれながらの脳性まひの方、難病で手足が不自由になられた方や交通事故など怪我で車いす生活を余儀なくされた方など理由は様々です。

しかし、皆様それぞれ元気に意欲的に生活されておられ、私どもも勇気を頂いております。

過去8年間で30着余りの車いすユーザーのスーツを創ってまいりました。その方々からに喜びをお便りをいただいています。その中でも特にお客様に了解を頂いた方の作品を掲載しています。

成人式に着られる方と就職活動に着られるスーツを2016年12月25日にお二方とも納品させていただきました。大変良込んでいただきました。

近日中に作品をアップさせていただく予定です。

東京 T・H様

お父さん 結婚式に出席してください。

 

④.jpg

ご家族の方からお礼のメッセージを頂きました。

 

「この度は、父に立派なスーツを仕立てて頂き誠にありがとうございました。

お陰さまで無事に結婚式を挙げる事が出来ました。

家族全員最後まで、楽しく幸せな時間でした。

一生の思い出をありがとうございました。」

このお便りをいただく事に喜びを感じ、これからも障がいのある方の服創りを続けて行く事への励みとし、誇りを持って頑張っていくことが出来ます。

 

IMG_0994.jpg IMG_0838.jpg

喉の器官が急に詰り、呼吸困難となり脳へ酸素が行かなく、死を覚悟されたようです。

幸い、手当てが早かったので、九死に一生を得、一命を取り戻されましたが、後遺症が残り車いす生活を余儀なくされています。

この度、息子さんの結婚式を迎えるに当たり、ぜひ出席してほしい。出席したい。の思いから礼服をご注文いただきました。

 

 

京都府のD・H様

現場復帰と兄弟の結婚式にも着られるスーツを。

羽原氏1.jpgお仕事やかしこまった席にも年中着られるように、紺色の細かいストライプの細番手の生地で創りました。

外観的には全く障がいを感じさせないD・H様

ここまで、回復されたのには大変な努力をされたことでしょう。

趣味のボクシングの試合で、運悪く打ちどころが悪く、脳に障害を受け意識不明の重体に陥り、一時は生命の危険も危ぶまれたそうです。

ご家族の必死の介護看護の甲斐があって、自力歩行はまだできませんが、かなりの回復が顕著に見られます。

今は、日々リハビリに励まれ、お仕事の現場復帰を目指されています。

IMG_0757.jpg

とにかく明るい!

IMG_0761.jpg

仮縫いも比較的スムースに行えました。

羽原氏.jpgまだ、腕の上げ下ろしがスムースに出来ませんので、アームホールを少し大きく、背縫い線をファスナーで開閉できるようにしました。 IMG_0766.jpgスラックスは穿かせやすように、両脇縫い目線をファスナーで開閉します。

 

岐阜のT・H様

長男の結婚式にぜひ出席して、新しい人生の門出を祝ってやりたい。

ALS(筋委縮側索硬化症)を患っておられる T・H様から礼服のご注文を頂きました。

1手が上がらない.jpg腕が肩までも上がらない状態です。

本来なら新郎の父はモーニングを着用するべきところですが、車いすを使用しているため、モーニングの裾(コロモと短冊)が見えないので、モーニングに次ぐ礼装のディレクタースーツをお勧めしました。

1仮縫い.jpg大柄な方ですが、身体にフィットした仮縫いが出来ました。
石田様6.jpgディレクタースーツのコールズボン 脇面ファスナ.jpgヘルパーの方が穿かせやすように両脇を全開できるようにしました。 石田様5.jpg

ディレクタスーツの特徴のホワイトベスト(カマーベスト)

背中部分をマジックテープで胴回りを調整できるようにしました。

左右分割1.jpg

今回、最大の難関。

腕が全く上がらないので、上着は左右別々に創り、背中の真ん中(背縫い線)でマジックテープで留めるようにしました。

大正解でした。

1試着.jpg

結婚式の1週間前にやっと間に合いました。

結婚式の当日介助されるヘルパさんに着脱の予行演習をしていただきました。

 

 

廣瀬様集合.jpg

奥様から喜びのお便りをいただきました。

  「先日は、急な依頼であったにもかかわらず、快くお受けいただき、試着も含め十分に式に間に合わせていただき、本当に感謝しております。

病気にならなければ出会うことのなかったテーラーというお仕事に触れ、職人魂を感じさせていただきました。

式当日は、ヘルパーさんとの事前練習のおかげで、時間に遅れることなくスーツを着用し、式に参列することができました。

新郎新婦にとっても、私たち夫婦にとってもすばらしい一日になりました。ありがとうございました。

 毎日の雑事に追われ、ご報告が遅くなり申し訳ありませんでした。今後も新しい家族とともに穏やかに過ごしていきたいと思っております。

田中様も十分ご自愛され、私たち夫婦のような方々のお力になっていただけることを願っております。

末筆ながら、田中様のご家族様、職人の皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り 申し上げます。」 原文のまま

※こちらのコラムにも関連した記事を掲載しています。

 

淡路島・戸田様

愛娘の結婚式に一緒にバージンロードを歩きたい。

結婚式に臨むための礼服を着たい。

1戸田様結婚式1.jpg

娘を持つ男親としては、バージンロードを一緒に歩く。

愛する娘を、娘が愛した男に委ねる。

その結婚式に、相応しい礼服で臨みたい。

 

戸田様のご希望です。

1戸田様結婚式2.jpg

結婚式での父親としての礼服は、モーニングコートです。

戸田様の場合、脳溢血発症の後遺症として、右半身が不自由になられました。

日常的には車椅子を使用されていますので、モーニングコート特有の後ろ丈の長い「タンザク」が、お尻の下に入ってしまいます。

 

そこで、タンザクが無く、モーニングに次ぐ礼服の「ディレクタースーツ」をお勧めしました。

 

戸田様リハビリ.jpg

短い様で遠い、バージンロード。

愛する娘一緒にと歩くために、一生懸命リハビリに励みました。

そして、希望どおりバージンロードを歩くことが出来ました。

 

言葉では言い表せないほどの努力をされたと思います。

1戸田様上着.jpgお洒落にミッドナイトブルーのひとつボタンの上着 1戸田様背開き.jpg着脱が容易なように、背縫い線をファスナーで開閉出来るようにしました。
1戸田様パンツ.jpg

コールズボンは車椅子仕様の後ろ丈が長いスラックスにしました。

今回は、バージンロードを歩く事を前提に、裾丈は立居寸法にしました。

戸田様ベスト.jpgホワイトベストの背裏には、オシャレな礼装仕様の花柄文様柄を使用しました。
2戸田様トップ.jpg戸田様のNPO法人淡路自立サポートクラブ

「障害は個性です。個性であることは素敵です」

誰かに評価されるより、自分で自分を好きになって豊かに生きることが出来る。

こころ豊かならば、みんな同じ立場で理解しあえる。
 

戸田様のこのお考えに感動と尊敬の念を持ちました。

※ 関連記事はこちらにも掲載しています。

※これまでのプロセスも掲載しています。

 

 

石田様.jpg京都 H・I 様

福山型先天性筋ジストロフィ の病と闘っておられます。

20歳の誕生日を迎えられ、

平成27年1月12日の成人式に来ていくための晴着のご注文をいただきました。

石田様2.jpgディレクタースーツの完成 石田様1.jpg仮縫いです。 石田様3.jpgピークラベルの上着

男性の新成人の多くはスーツを新調したり、中には羽織袴姿も見かけます。

そこで、お勧めしたのがモーニングに次ぐ礼装のディレクタースーツです。

上着は黒のピークラペル、ベストはホワイト、そして縞のコールズボンです。

彼の場合、背中が熱くなる体質のため、上着は背裏を省き、ベストも背の部分が無いカマーベストにしました。

スラックスは介助者が穿かせやすいようにウエスト周りを少し大きく、後ろ身を長くしました。

 

※「かっこいい礼服が出来て、本人も喜んでいます。これで気持ち良く成人式が迎えられます」とお母さまからお言葉をいただきました。

靴とウイングカラーのワイシャツを買いに行くとのことでした。

石田様4.jpgオフホワイトのカマーベスト 石田様5.jpg背中部分がありません 石田様6.jpg縞コールズボン
※こちらのコラムにも関連した記事を掲載しています。

 

東京のM様

このたび管理職になり、対外的にひとと接する機会がが多くなると思われるので、ビジネスにも着られるパンツスーツを数着創りたいとお電話をいただきました。

右島様1.jpg 右島様仮縫い.jpg 右島様結婚式_0001.jpg

学生の頃、バスケット部に所属されていたとかで、体格がたいへんよろしく、ほとんど紳士服と同じくらい要尺が必要でした。

座面に滑り止めのパットを敷いているため、パンツが摺り上るのでパンツ丈を長くしました。

ご自分で車椅子を操作されますので、腕周り、アームホールを大きく、背幅を広く、屈伸体補正を大に、そして袖口を本開きにして、車輪に袖口が引っかからないようにしました。

裏地とボタンも選んでいただきました。

新調のパンツスーツで結婚式に列席されました。

「美しいスーツを創っていただいてありがとうございます。」とお便りをいただきました。

※車いす仕様のパンツスーツを創っていただけますか?

 

大阪のS様

お父さんとバージンロードを一緒に歩きたい・・・!

お嬢様の結婚式にバージンロードを一緒に歩いてほしいので、その時着用する礼服を創ってほしい!

20数年前に交通事故に遭い、それ以来介護者(ご家族)の介助なしでは日常の生活ができない状態です。

従って、まず介護の方が着脱がさせ易いことを重点に、格調高い高い礼服を創ることを考えました。

 


スラックスはベッドで寝た状態でも穿かせられるように脇縫い目線をファスナーで大きく開閉出来るようにしました。

スラックスの脇に大きめのループを取り付け、それをん掴んで車椅子に座らせることが出来るようにしました。

礼服の実物


袖口は変形仕立てを出しやすいように本開きに・・・


着脱が楽なように背縫い線をファスナーで開閉。

結婚式.jpgご親族お喜びの写真を送っていただきました。

 

元気で明るい双子の姉妹です。

入学式や成人式などの晴着に、自分の身体にフィットしたオシャレなスーツを!


大阪のYさん姉妹です。

入学式

二人とも自立歩行が困難で、腕も肩より上には上がらず、衣類の着脱の不自由を感じておられました。お身体の本来のサイズは7~9号ですが、既製品では13~15号のサイズでないと着脱が出来ないとのことです。

大学に入学にあたり、入学式、成人式などの晴れ着に自分の身体にフィットした、ニューデザインのオシャレなスーツ。介助者が着せ易いカッコよいスーツをとご注文いただきました。


S子さん

各々の障がいの様子が違いますので、気になる箇所も異なり、それぞれに合わせて補正をしました。

仮縫いは2回いたしました。


J子さん

 

オーダーメイドスーツ作りのポイント

上着丈を短く、前カットを大きくする

背縫い線をコンシールファスナー開きにする。

座高に合わせて上着丈を短くする。

背縫い線をコンシールファスナー開きにする。

背中が隠れるようにスラックスの後ろ丈を長く。

介助者が穿かせやすいように、スラックスの脇にループを取り付けた。

飾りボタンにマグネットを装着。

湯面 016.jpg 残布で帽子を作りました。

「自分だけの自分のためのオンリーワンのスーツが出来た」と喜んでいただきました。

 

東京の I さん

経験に基づいた障害者のための講演をするので、そのためのビジネススーツと礼服を!

プロボクサーだった彼が交通事故で下半身麻痺になり、車いす生活を送ることになりましたが、そのハンディを乗り越え、車いすを販売する会社を立ち上げておられます。

趣味に車いすバスケットや車いすラグビーなども楽しまれ、パラリンピックの候補にもなられたようすです。

また、障害者のための講演も行われ広く前向きに活躍されておられます。

講演用のスーツと礼服の注文をいただきました。

 

「袖口にアクセントのある、オシャレなスーツと深みのある黒の礼服はどちらも着易くうれしいです」

 

奈良のY・Tさん

姪ごさんの結婚式に列席される事になり、車椅子仕様のフォーマルスーツを!

 

衿はフォーマル仕様のピークラペルに、ボタンも一つでマグネットを取り付けました。着脱が容易にするために、背縫い線はコンシールファスナーで大きく開閉が出来るようにしました。

上着丈は座高に合わせて短く。フロントカットは大きく。

 

スラックスは前丈は短く、背中が出ない様の後丈を長くしました。

自身で排尿がし易いように、ファスナーは摘みやすい大きなスライダーを付け、止め金具も出来るだけ下の奥に付けました。

裾は着脱のときに引っかからないように、裾から上に開けられるにコンシールファスナーをつけました。

 

「オンリーワンのフォーマルスーツを着て、自信を持って姪の結婚式に出られることがたいへんうれしいです。」と、大層喜んでいただきました。

 

東京のS・Oさん

再就職に新調のスーツスタイルで!

交通事故に遭われ、九死に一生を得られましたが、脊髄損傷で車椅子生活をされるようになりました。懸命のリハビリをされたのち就職されることになり、車椅子仕様のビジネススーツのご注文をいただきました。

 

上着丈は座高に合わせて短く。フロントカットは大きく。車椅子を自分で回されるので、袖が車輪に引っかからないように少し短くしました。

 

スラックスはファスナー部分を短く、背中が出ない様の後丈を長くしました。

ファスナーもご自分で開閉できるように、摘みやすい大きなスライダーを付け、その穴には別のリング金具を取り付けました。

膝下に尿袋を取り付けておられるので、膝下も太くしました。

 

「自分の思うようなスーツが着られた。自信を持って新しい気持ちで勤められる」と、たいへん喜んでいただきました。

※車いすユーザーのスーツについてこちらのコラムに纏めています。

ご自宅・オフィスなどに、一着からでもお伺いいたします。

※出張費無料。但し、100キロ超は交通費実費をご負担お願いいたします。

 

関連する記事:

 


お洋服のことならお気軽に何でもご相談ください。

メールはこちら
メール
パソコンやメールが面倒な方、お急ぎの方は、
お気軽にお電話またはファックスをください。
 電話 & ファックス 075-721-0880
 年中無休       
朝8時~夜10時

▲このページの一番上に戻る

内臓脂肪の撃退法