ロマン漂う レトロなお洒落コート いろいろ

モデルレトロ.jpgひと味変った、オシャレなコートを楽しんでみませんか!

「角袖(大和コート)」「とんび」
「インバネスコート」「マント」

和と洋の融合  ロマン漂うオシャレなレトロコート

 

【とんび(インバネスコート)】

とんび(インバネスコート)大正以降、インバネスコートが日本に溶け込むに従って、袖が無くなりケープが袖の代わりをして長くなり、和服の袖も気にせずに着られるようにと、脇を大きく開けたノースリーブのロングコートにケープを両脇から前につけたコートをいいます。

(とんび)インバネスとも言われています。
ケープが全面に着く「二重回し」もあります。(要割増工賃)

男女を問わず、和服・法衣(衲)洋服の上に羽織るレトロなおしゃれコートとしては最高のステータスです。

 

  

  GLOREX カシミヤ100%

   仮縫付お仕立上り  ¥295,000 (本体価格)

   

  国内有名ブランド ウール100%
   仮縫付お仕立上り ¥198,000~  (本体価格)

インパネス(後ろ) インパネス(前) インパネス(脇) インパネス(襟)

バックはシンプルに 両側のマントと一体感に仕立てています
1とんび6.jpg(二重回しも出来ます。別途)

フロントは比翼仕立て。 脇は大きく開けてノースリーブ。 衿はステンカラー
(スタンドカラーも可)

インパネス

古典芸能演者S様65才

インパネス

西陣織職人M様

38才

インパネス

会社員T様55才

インパネス

会社経営H様48才

ポケットの口も、スロテッドやフラップ付きなど・・・ 裏地も思いのまま・・・
(特殊柄、品質によっては別途)

 

インパネス

インパネスとハンチング
共地 ハンチング

千葉、団体職員O様40才

ハンチング
別途工賃
残布を利用したオシャレなハンチングでトータルファッションはいかがですか!

 

女優の岸ユキ様
2とんび - コピー.jpg着物にも羽織られるようですので着丈を長くしました。 1とんび (2) - コピー.jpg残布でハンチング 3とんび (4) - コピー.jpg裏地はオシャレな朱赤ダイヤ柄
とんび (5) - コピー.jpgケープの裏も朱赤がちらり! トンビ仮縫い.jpg仮縫いにお伺いしました。 トンビ仮縫い後ろ.jpg後ろ姿もバッチリ納まっています。

 

【角袖 (大和コート)】

角袖(大和コート)「角袖(大和コート)」は和裁でなく、すべて洋服屋さんが縫製いたします

明治以降に洋装コート(ステンカラーコート)の見頃に、着物の四角い袖をつけて制作したのが角袖(大和コート)の由来ではないかと言われています。

男性着物の袖の形状から角袖(かくそで)外套として冬の寒い時に着物の上に羽織ります。

通常は7分丈に仕上げ、脇ポケットは箱型を付けます。

因みに、男性用の四角い袖「大和コート」に対して、女性の袂袖(たもとそで)のコートを「吾妻コート」と呼ばれています。

「デカ」明治ごろの私服警官(刑事)が愛用していたことから 

 く そ をひっくり返して「デカ」と言う説も有るそうです。

 

 

大和コート1.jpg 某総本山住職門主様             
 (絹100%生地使用)

★法衣・衲の上に羽織られる時は裾丈を長く仕上げます。
 ポケットも目立たないように袖付けラインに付けることもあります。

★素材としては、ウールや軽くてソフトな肌触りのジャケット用カシミヤ又はシルクなどマテリアルも豊富です。

★袖型もオーソドックスな四角い着物袖のほか、着易いラグラン袖も・・・

★衿型はステンカラーが一般的ですが、ショールカラーもお好みに合わせて承ります。

最近、街で着物を着た男性よく見かけます。
着物や法衣(衲)の上に着る、今トレンディーな男物コートはいかがですか。

                          azumacoat.jpg

ヤマトコート2.jpg

ラムウールツイード へリーンボーン(杉綾)

フロントはぶち抜き釦

襟はノッチラベル

ラグラン袖のお洒落なヤマトコート

 

ヘリンボーン2.jpg

 

スーツ地使用の場合 

フルハンドメイド仮縫い付お仕立上り ¥170,000~(本体価格)

 

澤田様.jpg 澤田氏角袖1.jpg 澤田氏.jpg
スーツ地で角袖を創りました。袴を着用されるのでケ回しにはフレヤーを付けました。残布を利用してオシャレなハンチングを・・・
岡部様1.jpg

お手持ちのシルクカシミヤの生地

岡部様2.jpg

ポケットをアウトの蓋付きに

【インバネスコート】

インバネスコートインバネス(Inveness)とはイギリス・スコットランド北部、恐竜ネッシーで有名なネス湖のほとりの地名です。

主にこの地方で着られていたケープ付のコートをインバネスコートと呼ばれていました。

シャーロックホームズが着ていたのが、このインバネスコートです。(二重回し)

日本では明治の後半から昭和に掛けて、オシャレな方々が盛んに着用していましたが、近年ほとんど見かけることはなくなりました。

 

【マント】

マント袖なしのコートでケープより着丈が長く、クロークとも呼ばれます。フード付のケープをマントということもあります。

尾崎紅葉の「金色夜叉」の戯曲で「間寛一」が着ていたことで有名です。一般的には衿はステンカラー。

袖を出すための貫通口を付けます。

← GLOREX
   カシミヤ100%素材
   フルハンドメイド
   仮縫付お仕立て上り ¥300,000(本体価格)

 

関連する記事:

 


お洋服のことならお気軽に何でもご相談ください。

メールはこちら
メール
パソコンやメールが面倒な方、お急ぎの方は、
お気軽にお電話またはファックスをください。
 電話 & ファックス 075-721-0880
 年中無休       
朝8時~夜10時

▲このページの一番上に戻る

内臓脂肪の撃退法